文字サイズ
ページ読み上げ
Loading
メニュー

知林ヶ島-ちりりんロード

海の上に出現する「砂の道 ちりりんロード」を歩いて、
神秘の島「知林ヶ島」へ渡ろう!

「いぶすき 砂の道 ちりりんロード」とは、3月から10月にかけての大潮または中潮の干潮時に知林ヶ島に現れる「砂の道(砂州)」の愛称です。限られた時間、知林ヶ島は砂の道により陸続きとなります。
「砂の道」は、消えても必ず再び現れ、島と陸とを「結ぶ」ことから、知林ヶ島は「縁結びの島」・「愛の島」とも呼ばれ、パワースポットとして知られています。

神秘の島「知林ヶ島」へ、さあ出かけよう!

知林ヶ島って?

知林ヶ島空撮

知林ヶ島は、鹿児島湾(錦江湾)に浮かぶ、周囲約3km、面積約60ヘクタール、最高点約90mの美しい無人島です。

砂州

3月から10月にかけての大潮又は中潮の干潮時には、長さ約800mの砂州(砂の道)が出現して陸続きとなり、歩いて渡ることができます。
一帯は、霧島屋久国立公園に属している他、知林ヶ島は環境省の「かおり風景100選」にも認定され、多くの方々が砂州を歩いて渡り、潮のかおりを満喫しています。

知林ヶ島散策

平成20年度に遊歩道や展望台が整備され、島内も散策できるようになりました。(※注1) その他、灯台(昭和32年建造)と船着き場を除いたら、ほとんど手つかずの自然が残っています。昔は、知林ヶ島は無霜地帯で、ジャガイモやサツマイモ、ナタネなどが植えられ、常に豊富な収穫量を誇ったことから「宝の島」と言われていました。

砂の道

「砂の道」により、島と陸地が「繋がる」ことから、縁結びの島、愛の島とも呼ばれるパワースポットとなっており、憩いの場となっております。また、平成20年のNHK大河ドラマ『篤姫』ではロケ地となりました。

魚見岳

また、知林ヶ島は渡るだけでなく、陸地側にそびえる魚見岳からの眺望もおすすめです。その形をハワイのダイヤモンドヘッドにも例えられる魚見岳は、頂上付近に展望台が設けられており、知林ヶ島をはじめ、錦江湾や指宿市街地を望める景勝地特に桜の名所としても知られ、桜の季節には知林ヶ島をバックに約1,000本のソメイヨシノを楽しむことができます。
知林ヶ島の砂の道が出現していないときは、ぜひこちらからの眺望をお楽しみください。

注意:知林ヶ島への渡島は、砂州が完全に繋がり安全に渡れる状態の時に、帰りの時間を計算に入れた上行ってください。また、周辺の海域は潮流が大変早く危険です。砂州が繋がっていないときの渡島は絶対に行わないでください。

パワースポット 知林ヶ島!

知林ヶ島に出現する「砂州・ちりりんロード」は、島と陸地を繋げ、潮の満ち引きで消えても、また再び現れます。また、台風などで砂州が流失しても、次のシーズンには再び砂州を形成します。
このように、「必ず繋がる」というところから、知林ヶ島は「縁結びの道」・「愛の島」とも呼ばれる、パワースポットとなっています。
そんな知林ヶ島にぴったりのスポットをご紹介します。

Chirin’s Heart (チリンズハート)

砂州の入り口付近に位置する「Chirin’s Heart」
一見、何のオブジェかな、と思わせますが、ある1点から見ると、2つのオブジェが重なってハートの形に!写真撮影台も設置してありますので、ぜひ写真を記念のものとしてください。

ちりんずハート
クリック!

Chirin’s Bell (チリンズベル)

「鳴らすと幸せが訪れる」そういう願いを込めて、知林ヶ島の島内にある「南展望台」に設置された鐘は「Chirin’s Bell」と呼ばれます。

ベルの目の前には陸地と島を結ぶ砂の道と魚見岳や指宿市街地の絶景が広がります。ぜひこのベルを目指してちりりんロードを渡りましょう!

「誓いの丘」と「CHI貝」

砂州の入り口付近で砂の道を見渡せる場所にある「誓いの丘」。市内の有志により設置されました。ここで、「CHI貝」という貝の絵馬に願いを書いて奉納しましょう。
「砂の道」を生み出す、そんな奇跡が生まれる島に、「誓いの丘」から願いや誓いをかけてみませんか。
※「CHI貝」は、JR指宿駅構内の観光案内所
などで販売(200円)
しております。

クリック!

「幸せ繋ぐ投函箱」と「幸せ繋ぐメッセージカード」

「幸せ繋ぐ投函箱」とは、専用の「幸せ繋ぐメッセージカード」に、大切な人へのメッセージを書いていただき、島内の「南展望台」付近にある「幸せ繋ぐ投函箱」へ投函、ここ知林ヶ島から想いを伝えよう、と企画されました。送ってもらった人、送った人、それぞれに幸せが訪れますように。
(メッセージカード 200円、販売:JR指宿駅構内観光案内所など ※幸せ繋ぐ投函箱へ投函いただいた場合の郵送料含む。通常の郵便ポストに投函される場合は切手をお貼りください。)

クリック!

ハートの形になる貝

砂の道にはたくさんの貝殻が落ちています。
その中の一つ
「目八葵貝(モクハチアオイガイ)」
この貝は2つを合わすとハートの形に。。。
砂の道を歩かれる際はぜひ足元もチェックしてみましょう!

砂州について

砂州

元来、知林ヶ島は、鹿児島湾(錦江湾)の入り口に位置しており、東シナ海から鹿児島湾内に侵入してくる温暖な黒潮の流れと、鹿児島湾内を流れて東シナ海に向かうやや冷たい流れのちょうど境目に位置しています。このため、島の南北からの海流がちょうどぶつかりあい、砂れきが海流の境目にたい積することで、知林ヶ島と田良岬の間に、砂州が形成されるものと考えられています。

今現在の『ちりりんロード』の模様は?

知林ヶ島ライブビューでチェック!!!。
※知林ヶ島ライブカメラの状況により映像が表示されない場合があります。

現在の訪問者数現在の視聴者数
使用方法

※注1)現在、知林ヶ島の遊歩道入り口部分の斜面が、大雨による土砂崩れの影響で通行できなくなっており、島内への立ち入りが禁止されております。

整備開発

この島は、霧島錦江湾国立公園内に位置しており、環境省の「かおり風景100選」にも認定され、平成20年度より「自然と人とが共生するいやしの島」を基本方針として環境省による整備が進められました。現在、島内を一周できる遊歩道をはじめ、2ヵ所の展望台や休憩所などが完成しています。

整備開発

愛称ちりりんロード

ちりりんロード

2015年5月、指宿 知林ヶ島「砂の道」の愛称を公募し、全国各地より寄せられた、たくさんのご応募の中より決定いたしました。

愛称は「知林ヶ島」の名前の一部を使っていて分かりやすく、祝福の鐘の音や、跳ねるように砂州を歩くシーンをイメージさせる、シンプルかつ軽快な響きで、耳で聞いても、目で見ても、どなたでもイメージできるものであり、大人から子どもまで親しんでいただけるという理由で決定いたしました。

また、この愛称に合わせロゴマークも作成いたしました。
愛称とロゴマークにて、知林ヶ島により親しみを持っていただけたら幸いです。

ロゴマーク

愛称に合わせた軽快な鐘の音のイメージと、知林ヶ島のもつ森林、海、砂の道のカラーを合わせた親しみやすいロゴを作成いたしました。

ちりりんロード

Access(Google-map)

お問い合わせ先

公益社団法人 指宿市観光協会
〒891-0405 鹿児島県指宿市湊2丁目5番33号
TEL 0993-22-3252
トップへ