文字サイズ
ページ読み上げ
Loading
メニュー

九州オルレ

「九州オルレ」指宿開聞コースを歩こう

平成24年3月、韓国で人気の「済州オルレ」の九州版「九州オルレ」の第一弾のコースとして「指宿開聞コース」が認定されました。(12.9キロメートル)。

≪お知らせ!!≫

平成26年4月末より、コースが短縮されました。マップ・パンフレットとコースが異なる場合がありますので、標識に注意しながらあるいていただきますよう、お願いいたします。新コースにつきましては、コースの紹介をご覧ください。
※新コースチラシはこちら→新コースはこちらをご覧ください。

オルレとは?

「オルレ」は韓国済州島から始まったウォーキングで、済州の言葉で「通りから家の門に通じる細い路地」という意味を持っています。済州では一般的に使われる馴染み深い言葉ですが、ウォーキングコースとして名付けられてからは特に全国的に有名になりました。
オルレの魅力は海岸や民家、山などの自然を身近に感じ、自分のペースでゆっくりコースを楽しむところにあります。
「九州オルレ」は済州オルレの姉妹版。九州の自然と温泉、文化を五感で楽しんでいただくウォーキングです。

九州オルレ標識

済州オルレのように、カンセ(青色)と矢印、リボンに沿って歩きます。カンセの頭が指す方向が進行方向です。青色の矢印は正方向、朱色は逆方向を指します。リボンは青色と朱色を一緒に結んでいます。

カンセ 矢印 リボン
トップへ