文字サイズ
ページ読み上げ
Loading
メニュー

『第67回 指宿温泉祭』 アーカイブ

2014年10月01日
9月27日(土)、28日(日)と盛大に行われた「第67回 指宿温泉祭」。 今回のお祭りは、例年以上に盛り上がりを見せた祭であったと感じました。 なぜそう感じたのか?ここでは「第67回 指宿温泉祭」を振り返ってその魅力をご紹介していきたいと思います。 ◆第67回 指宿温泉祭 その一 「丸に十の字」 まず、お祭りのご紹介に入る前に、今年、17年ぶりに復活したイベントから。 それは、指宿市街地のシンボルである「魚見岳」に点灯された、島津家の家紋「丸に十の字」。 現在、夕方になると魚見岳にきらきらと輝く「丸に十の字」を望むことができます。 これは、昭和59年から平成9年まで、指宿青年会議所が行っていた事業。本年、指宿温泉祭に合わせて、幕末の豪商「第8代濵﨑太平次」や、徳川13代将軍 家定の御台所となった「天璋院篤姫」など、指宿の魅力をさらに広く伝えたいと、指宿青年会議所が中心となって準備が進められ、指宿温泉祭を機に復活、点灯されました。 17年ぶりということで、魚見岳はすでにジャングルのようになっていて、広く市民に呼びかけてボランティアで行われた除草作業は困難を極めました。市街地から見渡せるだけあって、そうとうな斜面での危険な作業です。 ※除草作業初日の風景 しかし、苦労しただけあって、点灯したときの喜びもまた大きいもの。点灯は温泉祭りの一週間前、9月20日(土)に点灯式が行われたので、その追い風にのってお祭りは進められました。 ◆第67回 指宿温泉祭 その二 「湯権現祭典」 それでは、ここからは祭りの模様をご紹介いたします。「指宿温泉祭」は指宿にもたらされる豊富な温泉の恵みに感謝するお祭。行事の一番始めは、「湯権現神社」で祭典が行われ、祭りがスタートいたします。 「権現」とは、あらゆることが神仏の力によるものであるという信仰の表れ、ということ。指宿では「温泉」の効能が神仏の力とされてきました。創建は江戸時代で、その当時から指宿の温泉が地域の人々に愛され、大切にされてきたことが分かります。 厳かな雰囲気の中、降神祭が行われ会場までの神輿渡御が始まります。 ◆第67回 指宿温泉祭 その三 神輿渡御 祭典があった湯権現から始まる神輿渡御。指宿温泉祭の「神輿」は、その由緒ある湯権現で祭典を挙行した後、その昔、島津の殿様が船でやって来たという二反田川に沿って、厳かに担がれます。 背景には、丸に十の字が点灯された魚見岳も。 ◆第67回 指宿温泉祭 その四 「濵﨑太平次」 御神輿は指宿出身の豪商「濵﨑太平次」で知られる濵﨑家のゆかりの地へ。湯権現の建立にも深く関わった濵﨑家。温泉祭の会場周辺も濵﨑家によって整備されたと伝わっており、祭とは切っても切り離せない指宿の大切な人物です。 神輿はゆかりの地を巡って会場へと向かいます。ゆかりの地の一つ、稲荷神社は濵﨑家とゆかりの深い神社で第5代太左衛門が建立したと伝わっています。ここではお神輿も盛り上がりを見せます。 ◆第67回 指宿温泉祭 その五 「指宿ハンヤ踊り」 お神輿祭が会場のセントラルパークに到着したころ、祭の大きな催しの一つ、指宿ハンヤ踊りが行われます。1,600人を超える踊り連が指宿駅前の通りを練り歩き、それぞれの踊りや華やかな衣装で祭りを盛り上げます。指宿ならでは、フラの振付のハンヤ踊りも。 姉妹都市の皆様や、最後の行事として「第3代 いぶすき菜の花レディ」も参加します! 姉妹友好都市の「千歳市」、「人吉市」、「十日町市」の皆様。 第3代 いぶすき菜の花レディ。 ◆第67回 指宿温泉祭 その六 「千歳市と指宿市」 今年は、千歳市と指宿市の姉妹都市盟約20周年という節目を迎えました。それを記念してハンヤ踊りの前に「千歳YOSAKOIソーラン」が指宿駅前で披露されました。本当に素晴らしい演舞。指宿市民はよさこいに触れる機会がそうそうないので、多くの方が見入っていて、とても感動的でした。 ◆第67回 指宿温泉祭 その七 「第4代 いぶすき菜の花レディ披露」 指宿の観光使節として、県内外を訪れ指宿のPRを行っていただく「いぶすき菜の花レディ」は、指宿温泉祭でデビューします。 たすきの引き継ぎが行われ、来年のお祭りまでの約1年間に渡るPR活動がスタートいたします。 第4代いぶすき菜の花レディ 田中絵梨佳さん(左)、諸留由美子さん(中)、田原知奈さん(右) ◆第67回 指宿温泉祭 その八 「花火大会」 太平次公園を会場に花火大会も行われます。指宿の花火の特徴は視界を埋め尽くす大迫力の「パノラマ花火」。3カ所で同時に打ち上げられ、秋の夜空を彩ります。 ※当写真は前回の写真です。今年のパノラマ花火もとても迫力がありました! ◆第67回 指宿温泉祭 その九 「ステージイベント」 祭も2日目。この日はステージイベントを中心に行われます。郷土芸能や湯豊太鼓の演奏、抽選会、そしてスペシャルライブとして、サマー・スイートさん、安藤菜夏さん、川嶋あいさんのライブが行われ、とても盛り上げていただきました。 会場は多くの露店でも賑わいます。 プロのライブも素晴らしかった!川嶋あいさんの歌声には涙している方も。とてもしびれました。 ◆第67回 指宿温泉祭 その十 「神輿昇神祭」 催事終了後は、お祭り広場において神輿昇神祭で締めくくりとなります。これをもって、温泉の恵に感謝する「指宿温泉祭」の全ての日程が終了となります。 指宿に恵みをもたらしてくれる温泉。 これからも、その恵を大切に。 当たり前のようにある自然に感謝することができる大切な機会であり、 そして、素晴らしいお祭となりました。 2日間とても濃いスケジュールで見どころ満載なお祭でもあります。 ぜひ、観光でも訪れてみてはいかがでしょう。 「指宿温泉祭」は、毎年9月末に開催されます。 byいぶすき☆NET
トップへ