文字サイズ
ページ読み上げ
Loading
メニュー

モニターツアー「指宿酒蔵めぐりツアー」 実施報告!

2014年07月07日
先日、当協会が主催したモニターツアー『初夏に味わう幻焼酎&白水館で焼酎イタリアン 指宿酒蔵めぐりツアー』を実施、その時の模様をご紹介させていただきます。 今回、募集させていただいたところ、18名の焼酎好き?!な皆様にご参加いただきました。本当にたくさんのご参加ありがとうございました。 それでは、まずはじめに今回の行程をご紹介。 鹿児島中央駅を出発==指宿駅==指宿酒造株式会社==芋畑(車窓) ==昼食は薩摩伝承館内のイタリアンレストラン「フェニーチェ」 特別に焼酎に合うイタリアン! ==指宿長太郎焼窯==吉永酒造==中俣合名会社 ==指宿駅==鹿児島中央駅 以上の内容。 それでは、行程を追ってご紹介して参ります。 まず1件目は「指宿酒造」です。代表銘柄は「利右衛門」。焼酎の原料であるさつま芋を日本で初めて指宿の山川に伝えたことで知られる「利右衛門」という方の名前を冠した焼酎です。 焼酎工場の見学後、ラベル貼り体験。この「四十二度」という銘柄の焼酎は初垂れといって、蒸留して最初に出てくるお酒のことです。 指宿酒造さんの新酒祭りでしか販売されないのですが、今回は特別にラベル貼り、試飲、販売までしていただきました! 試飲とお買い物時間。 皆さん、1件目からぐいっと飲んでいただいています(^^) 続いて昼食会場へ。市内の美術館「薩摩伝承館」にあるイタリアン「フェニーチェ」においてイタリアン&焼酎という組み合わせです。今回、特別メニューを考案していただきました。 ツアー限定メニューということで、皆様には満足いただいたようです! そして、お酒も入り参加者の皆様、盛り上がっておられましたよ♪ 薩摩伝承館では、現在企画展「大名茶の時代」も実施中!ぜひお出かけください。 午後は、薩摩焼の名門「指宿長太郎焼窯元」でおちょこ作り体験です!簡単そうに見えて意外と難しいとのお声が。おちょこ作りのはずが、お皿や灰皿に変わっているお客様もいらっしゃいましたよ(笑) 次に訪問したのは「吉永酒造」。大名銘柄は「利八」明治38年創業の老舗酒造会社です。現在は若社長さんが頑張っておられます! またまた試飲も盛り上がってます! 好評だったのが、「ハマコマチ」という変わったさつま芋を使って作られた「亀殿」。焼酎通の皆さん、その味にびっくりしておられました! 最後の訪問となりますのは「中俣合名会社」。様々な銘柄をお持ちですが中でも「桐野」はなかなか手に入らないという声も多い名酒です。 ここでは、櫂入れ(かいいれ)体験をさせて頂きました。櫂入れとは、櫂棒を使ってかき混ぜる作業のこと。櫂は普段持つことがないので、皆さん喜んでおられました! そんなこんなで、無事に3つの蔵を廻り帰路へとつきました。 ご参加の皆様には、お土産もたくさん買っていただき、終日お付き合いいただきました。本当にありがとうございました。 指宿の酒蔵や焼酎の魅力、これからもPRして参りたいと思いますので、宜しくお願いいたします! byいぶすき☆NET
トップへ