文字サイズ
ページ読み上げ
Loading
メニュー

祝 観光特急「指宿のたまて箱」ご乗車20万人達成!

2012年11月20日

2011年3月に鹿児島中央駅-指宿駅間に導入された観光特急「指宿のたまて箱」。 運行開始前から、当サイトにおいてもご紹介して参りました。 「百日祝い」、「一周年歓迎イベント」、そして今年3月24日の「いぶたま増両」と、色々と指宿に話題を提供していただきました。 菜の花ブログ(指宿のたまて箱) : 指宿のたまて箱 そして、2011年3月の運行開始から約20か月。2012年11月20日(火) 14時01分鹿児島中央駅発の「指宿のたまて箱5号」で、運行開始以来ご乗車されたお客様が20万人を達成いたしました。誠におめでとうございます。 20万人達成を祝い、「指宿のたまて箱5号」の到着に合わせ、JR指宿駅で記念のセレモニーが開催されました。 セレモニーには、指宿駅でお出迎えやお見送りなどのおもてなしを行っていただいている宿泊施設のスタッフやボランティアの皆さん、観光関係者などが集まり、20万人達成を祝うとともに、記念品のプレゼントや茶節の振る舞いなどおもてなしを行い、また一つ指宿に明るいイベントを行うことができた次第です。 併せて、指宿枕崎線の沿線では、今和泉地区や宮ヶ浜地区、指宿市役所などで旗振りによる歓迎も行われ、20万人達成を盛り上げていただきました。 それでは、以下に少しセレモニーの模様を。 14:56の「指宿のたまて箱5号」の到着を前に、ホテル・旅館のスタッフらが集合し打ち合わせ。 到着を前に、ボランティアの皆さんや観光ガイドの皆さんも続々と集まっていただいております。 そして、「指宿のたまて箱5号」が到着。 列車が到着次第、くすだま開被を行っていただく指宿駅長と観光協会専務、そして乗客代表のお客様が位置につきます。 無事にくすだま開被が執り行われ、全員で記念撮影。 そして、折り返し便の「指宿のたまて箱6号」が出発。全員でお見送りをいたしました。 地域で「いぶたまに手を振ろう」、という取り組みも開業とともに始められました。地域に導入された初の観光特急は、愛着も深まりおおげさですが今や市民にとってまるでわが子のように愛される存在。そして、「いぶたま」に乗られた方にも、手振りなどでそのおもてなしが感動として伝わり、多くの方々に愛される「いぶたま」として、今後もあり続けてほしいと願っています。 byいぶすき☆NET

トップへ